ほくろがコンプレックスなら治療を受けるべし|施術方法を紹介

ナース
  1. ホーム
  2. 病院によって違う

病院によって違う

カウンセリング

色々な方法があります

ほくろ治療をする場合は、皮膚科、美容皮膚科、形成外科等にいって治療を受ける事になりますが、病院によって治療法が違います。まずは自分が除去したいと希望しているほくろのサイズを知り、さらに傷跡をどの様にしたいか、目立つ部位かどうかで病院を選びます。病院を選んだら、次は実際にその病院に行って診察を受ける事になりますが、その場合、病院によっても予め行う方法が違います。初めて通う病院の場合、まずはその病院の診察時間内に行き、初診の申し込みをしてから問診票等に必要事項を書き込みます。この場合、受付時間と診察時間が違っている場合もある為、予めその病院に電話等で受付時間は何時かを聞いておくようにします。ただ病院の中には全く予約が出来ない所も有れば、初診でも予約が出来る所、さらに1回診察を受ければ予約できる所等があり、対応は一定ではありません。全く予約が出来ない所の場合は、受付時間内に健康保険証、さらにお子さんの場合は子ども用の医療証を持参して病院に行きます。予約が出来る所の場合、電話のみの所と、インターネットと電話の両方で予約が出来る所があるので、その方法に合わせて予約をします。ただ2回目以降の診察であれば予約可能という所も有るので、その場合は初診の場合は診察時間に直接病院に行く形を選ばなければいけません。また電話の場合は窓口に電話をする時は受付時間が限られているので、時間帯にも注意して電話を掛けるようにします。音声自動案内で予約が出来るシステムとなっている病院の場合は、24時間いつでも予約可能となっている場合が多くなっています。ただ当日予約の場合は日付が変わってからとか、その日の朝からしか予約が出来ないと言う事も有るので、予めどの様なルールになっているか調べておく方が安心です。後は実際に病院に行ってほくろの治療を受ける形となりますが、ほくろを除去するからと言って、何か特別な事が必要と言う訳ではありません。通常は風邪を引いた時や、歯科医院で虫歯の治療を受ける時と同じ様に申込みをすれば良いようになっているからです。また、初めて行く病院の場合は診察券が無いので健康保険証等を持って行く事になりますが、今までかかった事が有る病院の場合は診察券も用意しておきます。分からないことがある場合はその病院のサイト、若しくは窓口の方に直接電話をすれば、どの様にして申し込みをすれば良いかを説明してもらえます。ただ窓口に電話をする場合は診察時間内しか対応してもらえないと言う場合も多々あるので、時間帯には充分注意します。