ほくろがコンプレックスなら治療を受けるべし|施術方法を紹介

ナース
  1. ホーム
  2. 納得できるスッキリ肌へ

納得できるスッキリ肌へ

カウンセリング

悩みの種を解消しよう

皮膚科、形成外科、美容外科など、気になるほくろをどこで取ればいいのか悩みますよね。いざクリニックや病院を受診してみても自費診療で高額を提示されたりもします。まさに悩みの種からさらに悩みが生えてくるよう。そんな時には次のように考えてみましょう。まずほくろを取りたいという理由は、見た目上の問題である事が多いでしょう。でも、場合によっては大病に至るほくろだってあります。ただ切ってほくろが無くなったのはいいけど実は、考えるだけでも怖い話です。ほくろはただ切れば良いというものではなく、治療が必要な場合だってあるんです。病気に至る可能性があれば保険適用になりますし、組織検査もしてもらわなければなりません。そんなことをちゃんと説明した上で治療してくれるクリニックであることは必須条件です。ですがやはり見た目も大事です。ほくろが無くなったのに切り傷が残ったのでは本末転倒です。次に大事なのは傷跡を目立たなくするためにどんな治療法が適当か、いろんな選択肢があるか、ということです。現在行われている治療法としては以下が挙げられます。まずは切除手術です。こちらは最もオーソドックスな方法といえるでしょう。組織検査が必要な場合、またレーザーで取りきれない大きさにはこの方法になります。お医者さんの技術、つまり切除や縫合の仕方で痕の残り方も変わるので実績をホームページなどで公表しているクリニックを選択すれば良いでしょう。次にレーザーがあります。だいたい5mm程度で平らなほくろにはレーザーがよく用いられます。主には炭酸ガスレーザーが用いられますが、Qスイッチレーザーという色素を落とすのに長けた種類もあります。できれば大きさや厚みに応じて使い分けたり併用できたりするクリニックが良いでしょう。レーザーは軽い痛みしか生じないので麻酔なしで行われることも多いのですが、当然痛みには個人差がありますので麻酔希望の場合にもちゃんと対応してくれるクリニックを選択しましょう。以上の2種類は、ほくろの種類によって保険適用の場合もあります。適用外の場合でも実際の負担額にあまり差はないようです。最後に軟膏塗布による除去があります。麻酔で注射されるのも切るのも絶対イヤな人には、保険適用外ですが軟膏を塗ってほくろを消すという治療も残されています。残念ながら保険適用外ですが、ナッツオイルから抽出された軟膏や漢方薬などいくつか種類があります。これも負担額はレーザーなどの場合とあまり変わりありません。どうしても痛いのがイヤな人はこんな方法が選択肢にあるクリニックを選んでください。以上を踏まえて、悩みの種から悩みを生やさずにスッキリできるといいですね。